• 本

服を買うなら、捨てなさい

宝島社文庫 Cし−8−1

出版社名 宝島社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-8002-7763-3
4-8002-7763-9
税込価格 648円
頁数・縦 189P 16cm

商品内容

要旨

日本女性の服への意識を変えた画期的ベストセラー。「おしゃれな人ほど少ない服で生きている」として、少数精鋭のマイスタイルを構築することを提案。「週に3回、同じ服を着てもいい」「朝、鏡の前で脱ぎ捨てた服は即処分」など、「いる服/いらない服」の基準や、服を減らす具体的なアドバイスを豊富に掲載。「服はたくさんあるのに着たい服がない」という悩みを解決し、クローゼットを生まれ変わらせましょう。

目次

1 おしゃれな人ほど、少ない服で生きている
2 ムダ服を増やす、さまざまな罠
3 いらない服とすっきりお別れする方法
4 理想的なワードローブ大検証!
5 買い物に出かける前に
6 買っていい服、ダメな服
7 おしゃれは「トレンド」から「スタイル」へ
8 これからも、ずっと素敵でいるために

おすすめコメント

ベストセラー『服を買うなら、捨てなさい』が、文庫になりました!大人世代に絶大な支持を誇る、人気スタイリスト地曳いく子が、今すぐ捨てるべき服、明日から買うべき服の基準を、わかりやすく指南します。これ一冊で、大人のおしゃれの断捨離は完璧! 不要な服を減らして、お気に入りだけにすれば、着ている自分がアガる。しかも似合っていて、人に「素敵!」と褒められる服ばかりの、少数精鋭のワードローブのつくり方、教えます。

著者紹介

地曳 いく子 (ジビキ イクコ)  
渡辺いく子。1959年生まれ。東京は築地出身の江戸っ子。ファッション誌のスタイリストとしてキャリア30年超を誇る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)