• 本

殺されたゴッホ

小学館文庫 シ7−1

出版社名 小学館
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-09-406350-9
4-09-406350-1
税込価格 935円
頁数・縦 455P 15cm

商品内容

要旨

百二十年以上にわたって自殺したと信じられてきた、ポスト印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホ。しかしその死は、じつは他殺によるものだった!画家ゴーギャンとの共同生活の失敗、弟テオに対する罪悪感や社会からの疎外感…。2011年にアメリカで発表され評判となった新説に基づき、ゴッホが残した手紙や日記類、彼をめぐるさまざまな人々の視点から語られる、ゴッホの苦悩と情熱。なぜ、誰にゴッホは殺されたのか?殺されなければならなかったのか?ゴッホ最後の二年間と死の真相に迫る物語!

出版社・メーカーコメント

ゴッホ最後の2年間と死の真相!120年以上にわたって自殺したと信じられてきた、ポスト印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホ。しかしその死は、じつは他殺によるものだった! 画家ゴーギャンとの共同生活の失敗、弟テオに対する罪悪感や社会からの疎外感……。2011年にアメリカで刊行され評判となったゴッホの伝記(ノンフィクション)に書かれた新説に基づき、ゴッホが残した手紙や日記類、彼をめぐるさまざまな人々の視点から、ゴッホの苦悩と情熱が、臨場感あふれる文体で語られる。なぜ、誰にゴッホは殺されたのか? 殺されなければならなかったのか? ゴッホ最後の2年間と死の真相に迫る小説。原書は2016年1月にフランスの権威あるガリマール社より刊行され、テレビ、ラジオなどでも取り上げられ評判となった。

著者紹介

ジェグレ,マリアンヌ (ジェグレ,マリアンヌ)   Jaegl´e,Marianne
創作教室「アトリエデクリチュール・エリザベス・ビング」で小説の書き方を指導するかたわら、小説やノンフィクションの作家、ドキュメンタリーの脚本家としても活躍している
橘 明美 (タチバナ アケミ)  
翻訳家。お茶ノ水女子大学卒業
臼井 美子 (ウスイ ヨシコ)  
翻訳家。大阪大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)