• 本

福祉世界 福祉国家は越えられるか

中公選書 029

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-12-110029-0
4-12-110029-8
税込価格 2,592円
頁数・縦 241P 20cm

商品内容

要旨

スウェーデン生まれの経済学者グンナー・ミュルダールが描いた「福祉世界」。それは具体的展望を含めた構想であり、同時代社会の問題解決のために必要な考えとして、幅広い関心を呼び込むようになった。本書は経済学・政治学・社会学等の知見を結合させつつ、アクチュアルなこのテーマへ本格的に向き合う。

目次

第1章 福祉国家の歴史と研究史(イギリスの救貧法
ドイツの社会保険 ほか)
第2章 福祉国家の成熟から福祉社会の追求へ(高度成長と福祉国家
スウェーデン・モデルの成立 ほか)
第3章 経済のグローバル化と福祉世界(グローバル化とは何か
グローバル化のなかの福祉国家―「底辺への競争」か ほか)
第4章 福祉世界の思想史的系譜(国民というアイデンティティ
国民に先立つアイデンティティと平和の構想 ほか)
第5章 福祉世界の現代的探求(福祉は経済的効率性を高めうるか
低開発諸国の「発展」に「先進諸国の責任」はあるか ほか)

おすすめコメント

福祉国家を越える構想として、スウェーデン生まれの経済学者グンナー・ミュルダールが描いた「福祉世界」。それは具体的展望を含めた構想であって、同時代社会の問題に取り組むための必要な考えとされ、幅広い関心を呼び込むようになった。 本書はこの魅力的なテーマについて、本格的に整理紹介した書き下ろしである。経済学・政治学・社会学といった複数の学問領域に踏み込み、それらの知見を結合させながら、福祉世界論の重要性を提示していく本書のオリジナリティは高い。 あるべき福祉世界はどのようにして、実現へと向かえるのか──現代性を念頭にこの問いに向き合い、あわせて課題も見出していく本書の価値は、今後ますます高まるだろう。

著者紹介

藤田 菜々子 (フジタ ナナコ)  
1977年三重県生まれ。名古屋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。名古屋市立大学大学院経済学研究科講師、准教授を経て、教授。著書に『ミュルダールの経済学―福祉国家から福祉世界へ』(NTT出版、2010年、第8回経済学史学会研究奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)