• 本

保科正之 博愛と果断の大名政治家

中村彰彦史伝シリーズ:歴史の裏に真あり 2

出版社名 自由社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-908979-05-7
4-908979-05-7
税込価格 756円
頁数・縦 142P 19cm

商品内容

要旨

民にやさしい世界初の福祉制度を創設。「明暦の大火」(江戸市民十万人死亡)で示した抜群の危機管理能力。日本史に輝く数々の偉業と魅力の人柄。

目次

第1章 信州高遠城主・仁科盛信の統治
第2章 信州高遠藩・保科家の民政
第3章 出羽山形藩・保科家の人事の妙
第4章 奥州会津藩・保科家の人道主義
第5章 将軍家光の「託孤の遺命」
第6章 明暦の大火
第7章 「不燃都市」江戸の誕生

著者紹介

中村 彰彦 (ナカムラ アキヒコ)  
1949年、栃木県生まれ。東北大学在学中に「風船ガムの海」で第34回文學界新人賞佳作入選。1987年「明治新選組」で第10回エンタテインメント小説大賞を受賞。1993年『五左衛門坂の敵討』で第1回中山義秀文学賞を、1994年「二つの山河」で第111回直木賞を、2005年『落花は枝に還らずとも』で第24回新田次郎文学賞を、また2015年には第4回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)