• 本

東芝はなぜ原発で失敗したのか

出版社名 電波社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-86490-119-2
4-86490-119-8
税込価格 1,728円
頁数・縦 262P 19cm

商品内容

要旨

日本の原子力開発は破滅へと宿命づけられていたのか!?現役の原発研究員が、東芝と日本の原発開発史の闇に迫る。

目次

第1章 東芝が原発事業で失敗した本当の理由
第2章 ハゲタカたちの饗宴とその終結
第3章 今後の世界「原発」事業の行方
第4章 歪められた原子力の導入―右と左の対立の狭間で
第5章 日本初の原発はテロの標的とされた―原子力反対派よ、一度でよい、菊池正士に詫びよ
第6章 原発止めれば日本は滅ぶ

著者紹介

相田 英男 (アイダ ヒデオ)  
1969年、山口県生まれ。国立大学工学部卒業後に大手重電機メーカーに勤務。専門は機械材料の評価・分析と原子力発電機器に使用される金属材料の解析。副島国家戦略研究所(SNSI)研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)