• 本

加計学園問題の本質 “政界のお医者さん”が官の植民地化にメスを入れる!

ワニブックス|PLUS|新書 211

出版社名 ワニブックス
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-8470-6597-2
4-8470-6597-2
税込価格 968円
頁数・縦 175P 18cm

商品内容

要旨

“加計学園問題”から見えてきた脱官僚、天下り根絶、縦割り行政打破の必要性。

目次

はじめに―政界のお医者さんとしてどうメスを入れていくか
第1章 加計学園問題の闇
第2章 国会議員になってわかった官僚主導の実態
第3章 なんとしても実現したい医療制度改革
第4章 私が歩んできた道―山中先生との思い出
最終章 日本を素晴らしい国にしよう

おすすめコメント

加計学園問題は官僚主導の弊害の一端に過ぎない!―― ある時は国会議員として議員定数と議員歳費の削減を提案し、歳費削減を日本維新の会は実行中! ある時は医師から嫌われる医師として医療制度・社会保障制度改革を提言! 加計学園問題≠通じて、現役の医師であり、国会議員だからこそ見えてきた脱官僚、天下り根絶、縦割り行政改革の必要性。

著者紹介

伊東 信久 (イトウ ノブヒサ)  
1964年1月4日、兵庫県神戸市生まれ。衆議院議員(日本維新の会)/伊東くりにっく理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)