• 本

なぜか子どもが心を閉ざす親開く親

青春文庫 か−29

出版社名 青春出版社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-413-09681-2
4-413-09681-9
税込価格 745円
頁数・縦 237P 15cm

商品内容

要旨

わが子に“いい子”を演じさせていませんか。一見、うまくいっている親子が実は危ない。知らずに、子どもの心の毒になる親の共通点とは!

目次

第1章 愛するほど、なぜ心はすれ違うのか(「親子の役割逆転」から不幸は始まる
親の「心の世話」をする子 ほか)
第2章 親の抱える「不満」が子どもに与える傷(「子どものために」の誤り
心の通わない親子関係 ほか)
第3章 親子間のトラブルが子どもを成長させる(子どもらしくない子の問題点
真面目で一生懸命な子がもつ空虚感 ほか)
第4章 小さなことで「自信」は育っていく(子どもが一番欲しいものを与えているか
食事と会話の密接関係)
第5章 今日から伸びる「心の種」をまこう(子どもの気持ちをくみ取る
あせらない ほか)

著者紹介

加藤 諦三 (カトウ タイゾウ)  
1938年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業、同大学院社会学研究科修士課程修了。現在、早稲田大学名誉教授。ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員。ニッポン放送系ラジオ番組「テレフォン人生相談」のレギュラーパーソナリティを半世紀にわたって務めている。著書に『自分に気づく心理学』『心の休ませ方』などベストセラー多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)