• 本

経済と国民 フリードリヒ・リストに学ぶ

朝日新書 634

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-02-273734-2
4-02-273734-4
税込価格 842円
頁数・縦 268P 18cm

商品内容

要旨

長期停滞の根本原因とは?真に経済成長をもたらすものは?リストの理論は、世代を超えた「作業継続」こそが経済成長の原動力となるというものであった。日本の未来のために問う、渾身の書き下ろし!

目次

序章 自由貿易という逆説
第1章 理論と実践
第2章 科学とヴィジョン
第3章 プラグマティズムとナショナリズム
第4章 力量と運命
第5章 国家理性と経済ナショナリズム
終章 リスト追悼

おすすめコメント

日本経済を覆う閉そく感に問う――なぜ、自由貿易というドグマは、かくも強い影響力を行使することができるのだろうか。なぜ、それを疑うことすら許されないのか。この謎を解く鍵を握っているのが、19世紀前半のドイツで活躍した政治経済学者フリードリヒ・リスト(1789−1846)である――。自由貿易と金融工学で国民の生活を弄ぶがごとくの経済政策が各国で破綻している現在、リストの理論をひき、人口減とデフレを超えて日本国民の幸福に資する経済政策を構想する著者渾身の書き下ろし。「国民経済学」が、今ここによみがえる!

著者紹介

中野 剛志 (ナカノ タケシ)  
1971年、神奈川県生まれ。評論家。元・京都大学工学研究科大学院准教授。専門は政治経済思想。1996年、東京大学卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)