• 本

ツシマヤマネコ飼育員物語 動物園から野生復帰をめざして

出版社名 くもん出版
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-7743-2689-4
4-7743-2689-5
税込価格 1,512円
頁数・縦 143P 22cm

商品内容

要旨

長崎県の対馬だけにすむツシマヤマネコ。生息数はわずか百頭、あるいは七十頭ともいわれていて、絶滅が心配されています。そこで、動物園など全国の十の施設が協力して、ツシマヤマネコをふやし、対馬の野生に返す取りくみが進められています。その拠点のひとつが、京都市動物園です。動物園の職員でさえ、かってに入ることができないとびらの奥でツシマヤマネコたちが暮らしています。子どもを産ませて、ふやそうとしているのです。ツシマヤマネコと飼育員・獣医師たちの繁殖に向けた奮闘ぶりを、はじめて紹介します。

目次

1 絶滅の危機にあるツシマヤマネコ
2 やってきた子ネコたち
3 繁殖事業の大ピンチ
4 期待されていないオス
5 ごめんね、メイ
6 ヤマネコのふるさと、対馬へ
7 新しい命

著者紹介

キム ファン (キム ファン)  
1960年京都市に生まれる。人と生き物の共生をテーマに創作活動に取り組み、日韓で著書多数。2006年に『サクラ―日本から韓国へと渡ったゾウたちの物語』(学研プラス)で、第一回子どものための感動ノンフィクション大賞最優秀作品。紙芝居『カヤネズミのおかあさん』(童心社)で、第54回五山賞受賞。『すばこ』(ほるぷ出版)が、第63回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(小学校低学年)。日本児童文学者協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)