• 本

獣神サンダー・ライガー自伝 下

新日本プロレスブックス

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-7816-1552-3
4-7816-1552-X
税込価格 1,728円
頁数・縦 277P 19cm
シリーズ名 獣神サンダー・ライガー自伝

商品内容

要旨

「獣神伝説」、最終章へ。「新日本ジュニアの象徴」、階級・団体・国境を超えて活躍し続ける男の濃厚すぎる半生。

目次

『G1 CLIMAX』初出場
『スーパージュニア』全勝優勝
パンクラスで鈴木みのると激突
CTU始動
新日本プロレス暗黒期
「レジェンド」結成
獣神再生
ブシロード体制
ライガー最終章
特別対談 永井豪(漫画家/ライガー生みの親)×獣神サンダー・ライガー〔ほか〕

著者紹介

獣神サンダー・ライガー (ジュウシンサンダーライガー)  
1989年4月24日、東京ドームでの小林邦昭戦で獣神ライガーとしてデビュー。5月25日、馳浩を下して第9代IWGPジュニアヘビー級王座を初奪取。以降、同王座には歴代最多となる11度の戴冠を誇る。そのほか、IWGPジュニアタッグ(戴冠6回)やジュニア8冠王座、GHCジュニアヘビー級王座など、国内外の団体問わず数多くのベルトを獲得。『BEST OF THE SUPER Jr.』では2度の優勝を飾る(94年、01年)。94年4月16日には他団体を巻き込んだオールスター戦『SUPER J‐CUP』を成功に導き、プロデューサーとしての手腕も発揮(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)