• 本

最後のソ連世代 ブレジネフからペレストロイカまで

出版社名 みすず書房
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-622-08642-0
4-622-08642-5
税込価格 6,820円
頁数・縦 457,73P 20cm

商品内容

要旨

強大で安定した体制だと誰もが思っていたソ連が突然ガタガタになり、あっという間に消えてしまった。ソ連崩壊とは一体何だったのだろうか?その鍵はブレジネフ期にあった。何も起こらなかったと言われたこの時代が、着々と崩壊を準備していたのだ。しかも内側から。はじめてソ連社会を内側から照らし出した書物として、本書は英語圏とロシアで大きな反響を得た。ソ連を知る必読書。

目次

第1章 後期社会主義―ソビエト的主体と予想外のシステム崩壊
第2章 形式のヘゲモニー―スターリンの予期せぬパラダイム・シフト
第3章 転倒するイデオロギー―規範と詩学
第4章 ヴニェで生きる―脱領土化された生き方
第5章 想像の西側―後期社会主義のヴニェ空間
第6章 色とりどりの共産主義―キング・クリムゾン、ディープ・パープル、ピンク・フロイド
第7章 ヴニェの皮肉―ネクロリアリズム、スチョーブ、アネクドート

著者紹介

ユルチャク,アレクセイ (ユルチャク,アレクセイ)   Юрчак,Алексей
1960年、ソ連レニングラード市(現ロシア、サンクト・ペテルブルグ市)生まれ。カリフォルニア大学バークレイ校人類学准教授。ブレジネフ期のソ連で少年時代を過ごし、大学では電波物理学を専攻。1980年代半ばからロック・バンド「アヴィア」のマネージャーをしていたが、ソ連解体直前にアメリカに渡り人類学者となる。『最後のソ連世代―ブレジネフからペレストロイカまで』で2007年にAAASS(米国スラヴ研究学会)のVucinich Book Prizeを、2015年にロシアの啓蒙家賞を受賞した
半谷 史郎 (ハンヤ シロウ)  
1968年愛知県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了。現在、愛知県立大学外国語学部准教授。専攻はロシア史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)