• 本

なつかしの通勤電車 関西編

出版社名 彩流社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-7791-2389-4
4-7791-2389-5
税込価格 1,870円
頁数・縦 95P 21cm
シリーズ名 なつかしの通勤電車

商品内容

要旨

関西の民鉄を愛する著者が、昭和のあの頃の通勤風景を描く。関西圏の民鉄(阪急電鉄・阪神電鉄・南海電鉄・京阪電鉄・近鉄)の情報が満載!昭和30〜50年代に活躍した、大阪・京都・神戸を中心に走った私鉄の通勤・通学電車。高度経済成長期に、関西・私鉄大手各社を支えた代表車両の形式を紹介。歴史と伝統、やさしさとこころ配りが息づく街の情景の変遷。

目次

第1章 歴史と風格を誇る関西民鉄の沿線風景と系譜(関西は歴史都市の集合体
大阪の民鉄はターミナル集約型
テリトリー意識が高く自社完結型の在阪各社 ほか)
第2章 関西通勤形車両の歩み(パイオニア的な名車を紹介
阪急電鉄
阪神電鉄 ほか)
第3章 伝統が息づく京阪神の街と車両(なつかしい番組とともに思い出す京阪テレビカー
京阪神 思い出紀行
京都への憧憬 ほか)

著者紹介

広岡 友紀 (ヒロオカ ユキ)  
鉄道・航空評論家。全国の鉄道関係の著書多数。財界・ホテル問題などにも詳しい(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)