• 本

一角仙人 鹿の角をもつ男

能の絵本

出版社名 BL出版
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-7764-0827-7
4-7764-0827-9
税込価格 1,760円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 28cm

商品内容

要旨

額に鹿の角がある一角仙人が、神通力で龍神を封じこめてしまったため、ハラナ国は雨がふらず、大干ばつになってしまいました。美しく聡明なセンダ夫人は国王から、仙人の神通力を解く役割を申しつけられ、龍神をすくい出すため、山奥の仙境へと向かいます。日本の古典芸能「能」にみる珠玉の物語シリーズ。

おすすめコメント

額に鹿の角があり、すさまじい神通力をもつ一角仙人が、雨をつかさどる龍神を岩屋に封じこめてしまいます。雨が降らず、大干ばつになったハラナ国の王様は、美しく聡明なセンダ夫人に仙人の神通力を解く役割を申しつけます。山深くにわけ入り、ようやく仙境にたどりついたセンダ夫人一行。はたして仙人の力を解き、龍神を放つことができるでしょうか。   遠くインドを舞台にした、歌舞伎十八番の「鳴神」の原典にもなった能の絵本。

著者紹介

片山 清司 (カタヤマ キヨシ)  
観世流能楽師シテ方。1964年京都府生まれ。父は片山幽雪(九世片山九郎右衛門)、祖母に京舞井上流四世家元井上八千代、姉は五世家元井上八千代といった能と京舞の芸能の家に育つ。父及び八世観世銕之亟に師事。2011年1月十世片山九郎右衛門を襲名。全国各地で多数の公演に出演する他、ヨーロッパ、アメリカでの海外公演にも積極的に参加。また、学校公演及び学校における能楽教室の開催など、若年層のための能楽の普及活動も手掛ける。重要無形文化財(総合指定)保持者。京都府文化賞奨励賞、京都市芸術新人賞、文化庁芸術祭新人賞、日本伝統文化振興財団賞、京都府文化賞功労賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞
小田切 恵子 (オダギリ ケイコ)  
日本画家。東京都生まれ。女子美術大学芸術学部絵画学科卒業。森田曠平、伊藤髟耳に師事。日本美術院特待。院展22回入選、春の院展26回入選。近年、能舞台の松羽目を2面制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)