• 本

善光寺街道の民話

出版社名 ほおずき書籍
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-434-23929-8
4-434-23929-5
税込価格 1,620円
頁数・縦 112P 21cm

商品内容

要旨

語り継ぎたい古人の心と教え。信濃にまつわる珠玉の11話。

著者紹介

高田 充也 (タカダ ミツナリ)  
1927年松本市生まれ。長野師範・早稲田大学文学部卒。信州児童文学会会員。県内の小中学校に勤務、東筑摩郡朝日小学校校長を最後に退職。その後、朝日村ふたば保育園園長・松本市公民館館長会会長・松本市明るい選挙推進協議会会長などを務める。童話『中山っ原』三部作で信州児童文学会作品賞、『鉢伏山の民話』で塚原健二郎文学奨励賞を受賞。2006年文化の日、松本市芸術文化功労賞受賞。2015年、『瑞宝双光章』受章。現在「松本民話の会」顧問・松本地域文化財協議会顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)