• 本

ほの暗い永久(とわ)から出でて 生と死を巡る対話

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-16-390743-7
4-16-390743-2
税込価格 1,430円
頁数・縦 191P 20cm

商品内容

要旨

母の肺がん判明をきっかけに出会った作家と医者。なんのための「生」なのか、なぜ「死」があるのか、進化、AI、身体、直感…人の心と身体の不可思議な関係をあらゆる角度から語りつくす。知的好奇心を刺激する圧倒的な面白さ!

目次

はじめに 思いがけぬ角度から飛んでくる球
蓑虫と夕暮れの風
陽の光、燦々と降りそそぐ海で
見えるもの、見えないもの
切り口を変えると、見方が変わる
母の贈り物
私たちの輪郭を形作るもの
流れの中で、バタバタと
日常を再発見する
春の日の黄昏に
死と再生、人生の物語化

著者紹介

上橋 菜穂子 (ウエハシ ナホコ)  
1962年東京生まれ。立教大学文学部卒業。文学博士、川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』で作家デビュー。野間児童文芸賞、路傍の石文学賞、本屋大賞、日本医療小説大賞など数多くの賞に輝き、2014年には児童文学のノーベル賞といわれる国際アンデルセン賞作家賞を受賞する
津田 篤太郎 (ツダ トクタロウ)  
1976年京都生まれ。京都大学医学部卒業。医学博士。聖路加国際病院リウマチ膠原病センター副医長、日本医科大学付属病院東洋医学科非常勤講師、北里大学東洋医学総合研究所客員研究員。西洋医学と東洋医学の両方を取り入れた診療を実践している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)