• 本

僕らが愛した手塚治虫 3

小学館文庫 に1−3

出版社名 小学館
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-09-406421-6
4-09-406421-4
税込価格 1,100円
頁数・縦 374P 15cm
シリーズ名 僕らが愛した手塚治虫

商品内容

要旨

手塚漫画への愛と造詣を綴ったミステリ作家の長編エッセイシリーズ。少年期からの手塚体験を、最近の研究成果も交え編年ごとに描く文庫化第三弾!今回は、『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』で不死鳥のように少年漫画誌に復活し、『ブッダ』『奇子』など青年向け作品でも脚光を浴びる時期を活写。当初は連載数回で終了するはずだった『ブラック・ジャック』、連載時と単行本で結末がまったく異なる『奇子』など興味深いエピソードが満載です。カラー口絵とともに、描き替えられた貴重な全集未収録場面を文中に惜しげもなく掲載した、漫画ファン感涙の一冊です。

目次

筑摩書房の“少年漫画劇場”
テレビ・マンガ『海のトリトン』
『青いトリトン』のこと
『ブッダ』のこと
一九七二年頃のマンガ界
ベイリーの惨劇
変わった本、珍しい作品の紹介
“手塚賞”と“愛読者賞”のこと
旧“手塚治虫ファンクラブ”のこと
手塚治虫、復活の兆し
『ジャングル大帝』の復刻
『ジャングル大帝』の歴史
手塚マニア“スミレさん”
『ばるぼら』のことなど
『ブラック・ジャック』の連載
マンガ家生活三十周年記念
“手塚治虫30年史”のこと
貸本屋へ行ったこと
大都社のハードコミックス
『三つ目がとおる』のこと

出版社・メーカーコメント

手塚治虫への愛と蘊蓄が溢れる長編エッセイ 漫画の神様・手塚治虫の足跡を追ううちに長じてミステリ作家となった著者が、溢れ出る手塚への愛と造詣を綴った長編エッセイシリーズ、文庫化第3弾! 編集魔として知られる手塚の描き換えの変遷、コミックス刊行に際してカットされたシーンを“ムシの眼”で追いながら、作品に秘められた人間・手塚治虫の息づかいまでをクローズ・アップ。名作群の読み方が一変する、比類なき探究記です。 少年期からの手塚体験を、最近の研究成果を交えつつ編年ごとに描いていくこのシリーズ、今回は青年劇画の氾濫により低迷を余儀なくされた手塚治虫が、『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』で不死鳥のように少年漫画誌に復活。『ブッダ』『奇子』で青年向け作品でも脚光を浴びる時期を、活写しています。 当初は連載数回で終了するはずだった『ブラック・ジャック』の謎、連載時と単行本で結末がまったく異なる『奇子』など、興味深いエピソード満載です。 今回も描き替えられたりカットされたりした貴重な全集未収録場面を惜しげもなく掲載。カラー口絵と共にお楽しみください。

著者紹介

二階堂 黎人 (ニカイドウ レイト)  
1959年東京都生まれ。中央大学理工学部卒。在学中に、「手塚治虫ファンクラブ」の会長を務める。90年に、『吸血の家』が第一回鮎川哲也賞に佳作入選。92年、『地獄の奇術師』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)