• 本

小沢健二の帰還

出版社名 岩波書店
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-00-061236-4
4-00-061236-0
税込価格 1,836円
頁数・縦 204P 20cm

商品内容

要旨

1993年、ソロデビュー。1998年、NY移住。2017年、19年ぶりのシングル発売。空白の時期にも、彼の曲はより深く愛されてきた。空白の時期にも、彼は豊かな時間をすごしてきた。誰も語らなかった「神話」を探る。

目次

第1章 小沢健二はどうしてニューヨークに旅立ったのか
第2章 『Eclectic』の衝撃
第3章 『LIFE』の鏡像としての『刹那』
第4章 南米からの報せ―「うさぎ!」と『毎日の環境学』
第5章 『おばさんたちが案内する未来の世界』が蒔いた種
第6章 「ひふみよ」ツアー、その驚きと必然
第7章 小沢健二と東京―「東京の街が奏でる」公演
第8章 帰還前夜の「魔法的」ツアー
第9章 二〇一七年の小沢健二

おすすめコメント

19年前、小沢健二はどうして日本から姿を消したのか? 本格的な活動再開に到るまでの軌跡を探る

著者紹介

宇野 維正 (ウノ コレマサ)  
1970年、東京都生まれ。映画・音楽ジャーナリスト。上智大学文学部フランス文学科卒業。音楽誌、映画誌などの編集部を経て、2008年に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)