• 本

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 〔3〕

想いを伝えるシチュー

宝島社文庫 Cと−2−5 このミス大賞

出版社名 宝島社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-8002-7765-7
4-8002-7765-5
税込価格 702円
頁数・縦 278P 16cm
シリーズ名 スープ屋しずくの謎解き朝ごはん

商品内容

要旨

シェフ・麻野の日替わりスープが評判のスープ屋「しずく」は、早朝にひっそり営業している。調理器具の購入のため麻野と出掛けた理恵は、店の常連カップルと遭遇。結婚式を控え、仲睦まじく見えた二人だが、突如彼氏が式を延期したいと願い出る。その原因は、ゴボウ?亡き妻・静句を思う麻野への、理恵の恋も動き出す!?美味しいスープと謎に溢れた全5話収録。心温まる連作ミステリー。

おすすめコメント

累計28万部突破の大人気「スープ屋しずく」シリーズ第3弾です! 早朝にひっそりと営業している「スープ屋しずく」には、お客が抱えるさまざまな悩みや謎が舞い込んでくる。急に真っ黒に変色したジャガ芋の謎。入籍間近だったカップル客の結婚が延期になった謎と鉄鍋の関係。常連客の老人が亡くなり、彼の娘が生前の穏やかな暮らしぶりを聞きにやって来るも悲しむ、父子が抱える過去。そして麻野の亡くなった妻・静句の話を聞いて、とある気持ちが芽生えた理恵がとった行動とは……。いろいろあるけど、温かいスープが心と体に元気をくれる。心温まるグルメ・ミステリー! 『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ。

著者紹介

友井 羊 (トモイ ヒツジ)  
1981年、群馬県生まれ。國學院大學文学部を卒業後、ライターや契約社員、ニートなどを経て、第10回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞を受賞、『僕はお父さんを訴えます』にて2012年デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)