• 本

相棒 season15中

朝日文庫 い68−42

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-02-264867-9
4-02-264867-8
税込価格 929円
頁数・縦 346P 15cm
シリーズ名 相棒

商品内容

要旨

産業廃棄物処理場で発見された死体は、組織犯罪対策五課長・角田の中学時代の同級生だった。角田の意を汲み、特命係がその親友の死の真相に迫る「あとぴん〜角田課長の告白」、唯一の目撃者である警視庁副総監の愛娘への聴取を禁じられ、解決の糸口が見えない殺人事件を解きほぐしていく「アンタッチャブル」など6篇を収録。(連続ドラマ第15シーズンの第7話〜第12話を収録)

おすすめコメント

産業廃棄物処理場で発見された死体は、組織犯罪対策五課長・角田六郎の中学時代の同級生だった。角田の意を汲み、特命係のふたりがその親友の死の真相に迫る「あとぴん〜角田課長の告白」、唯一の目撃者である警視庁副総監の愛娘への聴取を禁じられ、解決の糸口が見えない殺人事件を解きほぐしていく「アンタッチャブル」など6篇を収録。

著者紹介

輿水 泰弘 (コシミズ ヤスヒロ)  
1960年生まれ。フリーのコピーライターを経て脚本家デビュー。第23回橋田賞受賞
徳永 富彦 (トクナガ トミヒコ)  
1974年生まれ。脚本・監督作品がハノーヴァー国際映画祭でグランプリを受賞し、各国で高い評価を得る
金井 寛 (カナイ ヒロシ)  
1963年生まれ。会社員を経て脚本家、構成作家に。演劇企画ユニット「かーんず企画」を主宰
真野 勝成 (マノ カツナリ)  
1975年生まれ。週刊誌記者など職業を転々としながら脚本家を志す。2010年に「新参者」で脚本家デビュー
山本 むつみ (ヤマモト ムツミ)  
北海道生まれ。出版社勤務を経て、2004年「御宿かわせみ第二章」で脚本家デビュー
池上 純哉 (イケガミ ジュンヤ)  
1970年生まれ。「任侠ヘルパースペシャル」で脚本家デビュー
宮村 優子 (ミヤムラ ユウコ)  
1958年生まれ。企画編集会社勤務を経て脚本家デビュー
碇 卯人 (イカリ ウヒト)  
1960年生まれ。鹿児島県の離島に暮らす某ミステリ作家の別名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)