• 本

沖縄からの報告

岩波新書 青版 353

出版社名 岩波書店
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-00-411101-6
4-00-411101-3
税込価格 1,058円
頁数・縦 323,7P 18cm

商品内容

要旨

アメリカ統治下におかれた沖縄で「不屈」の精神を貫き、圧政に抵抗し続けた人物がいた。その名は瀬長亀次郎(一九〇一‐二〇〇一)。祖国への復帰と平和を求め、ジャーナリストとして、那覇市長として、国会議員として、民衆とともに闘った男は、沖縄の「戦後」をどのように見つめていたのか。現代によみがえる一級のレポート。アンコール復刊。

目次

1 ひしめき合う人口
2 経済の成長
3 農民のくらし
4 労働者と中小企業
5 基地の群像
6 人民のたたかい
7 琉球政府のからくり
8 祖国へ

著者紹介

瀬長 亀次郎 (セナガ カメジロウ)  
1907‐2001年。政治家。1952年第一回琉球立法議員総選挙で当選。1956年には那覇市長を務めるが、1年後に追放される。1970年沖縄初の国政参加選挙で衆議院議員に当選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)