• 本

最強の会計力 会社四季報から始める企業分析 決定版 会計的思考で企業経営は生まれ変わる

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-492-97028-7
4-492-97028-2
税込価格 1,296円
頁数・縦 112P 26cm

商品内容

要旨

先進企業は会計をどう経営に生かしているのか?ソフトバンクグループ、ニトリホールディングス、花王、サイバーエージェント、HOYA、ピジョンetc.ROE、ROA、ROIC、EBITDA、WACCも徹底解説。各社KPI調査データ掲載。会社四季報だからできるデータ、ランキング満載。

目次

1 会計最前線 成長戦略の扉を開く(interview・日本企業は「宝の山」シンプルな指標こそ高収益への道―松本晃カルビー代表取締役会長兼CEO
interview・勝ち残る企業の会計数字の使い方―冨山和彦経営共創基盤代表取締役CEO
ソフトバンクグループ孫正義氏「300年帝国」への野心と焦燥 ほか)
2 先進企業はどう会計指標を使っているか?(管理会計を使えば強い会社の秘密がわかる
企業価値を向上させる会計指標KPI活用法
ケーススタディ・成長企業の最強ノウハウ)
3 財務がわかれば企業が見える(自分で作ればわかる、決算書のつながり
ポイントは15の経営指標―安全性、収益性、将来性をどう見るか?
IFRS・HOYAに見る導入のメリット・デメリット ほか)

おすすめコメント

ビジネスに必須のツールとなった会計。先進企業はそれをどう経営に生かしているのか、豊富な企業の取り組みを中心に解説する。