• 本

殺し屋のマーケティング

出版社名 ポプラ社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-591-15335-2
4-591-15335-5
税込価格 1,728円
頁数・縦 415P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 女子大生、桐生七海は本気だった。営業も広告もPRもできない殺しをどう売るか?
    そんな無理難題を「最強のマーケティング技巧」を持つ西城潤に弟子入りすることで解決しようとする七海。
    しかし、七海が社長をつとめる表の会社「レイニー・アンブレラ」が警備を担当するイベントにおいて、大勢の前でクライアントが狙撃されるという事件が起こる。
    絶体絶命のピンチを「今が最大のチャンス」と言いきる西城。
    果たして西城の真意とは?七海が受注数世界一の殺しの会社を創りたい真の目的とは?
    今話題の書店経営者が自ら実践するマーケティングメソッドを惜しみなく公開!

    (2017年11月19日)

商品内容

要旨

女子大生、桐生七海は本気だった。営業も広告もPRもできない殺しをどう売るか?そんな無理難題を「最強のマーケティング技巧」を持つ西城潤に弟子入りすることで解決しようとする七海。しかし、七海が社長をつとめる表の会社「レイニー・アンブレラ」が警備を担当するイベントにおいて、大勢の前でクライアントが狙撃されるという事件が起こる。絶体絶命のピンチを「今が最大のチャンス」と言いきる西城。果たして西城の真意とは?七海が受注数世界一の殺しの会社を創りたい真の目的とは?今話題の書店経営者が自ら実践するマーケティングメソッドを惜しみなく公開!

目次

プロローグ 本名を捨てた男
第1幕 美人チェリスト
第2幕 一〇二歳余命三ヶ月の老婆
第3幕 サイレンス・ヘルの野望
エピローグ 大きなバッグを抱えた男
巻末付録 7つのマーケティング・クリエーション

おすすめコメント

世界一売りづらい「殺し」をどう売るか?“受注数”世界一の殺し請負会社をつくった女子大生の物語。本格マーケティング小説!

著者紹介

三浦 崇典 (ミウラ タカノリ)  
天狼院書店店主。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。編集者・プロカメラマン。大正大学表現学部非常勤講師。1977年宮城県生まれ。小説賞に挑戦しながら、アルバイトをしていた書店で新店舗の店長を打診され、3年間、店長を務める。手書きPOPでの集中一点売りなどの特徴的な手法が、讀賣新聞をはじめ、様々なメディアで取り上げられ、文芸書の売上増大の成果をあげる。2009年、株式会社東京プライズエージェンシーを設立、2013年に天狼院書店の1店舗目となる「東京天狼院」を南池袋にオープン。開店して3ヶ月で倒産の危機に陥り、以後、現在まで9回、倒産の危機に見舞われるが、その都度、新しいマーケティング手法を駆使して窮地を切り抜ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)