• 本

幻の惑星ヴァルカン アインシュタインはいかにして惑星を破壊したのか

出版社名 亜紀書房
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-7505-1528-1
4-7505-1528-0
税込価格 2,420円
頁数・縦 237,39P 19cm

商品内容

要旨

人々の欲望が生み出し、そして消し去られた惑星があった。ニュートン理論に基づいて考えれば、ここには未発見の惑星があるに違いない―まだ見ぬ惑星を探し求める人々、そしてアインシュタイン。未知の惑星探査を通じて、科学の進歩とパラダイムシフトを描く、ロマンあふれるサイエンス・ノンフィクション!

目次

1 ニュートンから海王星まで(一六八二年〜一八四六年)(「世界の動かざる秩序」
「幸せな考え」
「そんな星は星図にない」 ほか)
2 海王星からヴァルカンまで(一八四六年〜一八七八年)(三十八秒
引っ掛かる質量
「探索は満足のゆく結果に終わるはずだ」 ほか)
3 ヴァルカンからアインシュタインまで(一九〇五年〜一九一五年)(「私の人生で最も幸せな考え」
「頼む、助けてくれ。このままでは頭がおかしくなってしまう」
「喜びに我を忘れて」 ほか)

著者紹介

レヴェンソン,トマス (レヴェンソン,トマス)   Levenson,Thomas
マサチューセッツ工科大学(MIT)教授(サイエンス・ライティング)。著書多数。テレビプロデューサーとしてPBS、BBCなどの長編科学ドキュメンタリー番組を数多く手がけ、米国科学アカデミー(NAS)コミュニケーション賞、ピーボディ賞(放送界のピュリッツァー賞とも呼ばれる)、AAASウエスティングハウス科学ジャーナリズム賞などを受賞。ハーバード大学で東アジア研究を専攻した
小林 由香利 (コバヤシ ユカリ)  
翻訳家。東京外国語大学英米語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)