• 本

中国メディアの変容 ネット社会化が迫る報道の変革

早稲田大学エウプラクシス叢書 007

出版社名 早稲田大学出版部
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-657-17805-3
4-657-17805-9
税込価格 4,320円
頁数・縦 278P 22cm

商品内容

要旨

国家とメディアの関係はどう変わるのか。5つの“突発事件”(SARS事件、四川大震災、温州列車脱線事故、天津爆発事故、雷洋事件)報道から検証する。

目次

第1章 改革開放以降の中国のメディアの内容管理制度
第2章 SARS報道―情報隠蔽から情報公開へ
第3章 5・12四川大震災における中国メディアの報道実態―新聞とネットメディアを中心に
第4章 7・23温州列車脱線事故における中国世論の形成―既存メディアとネットメディアの分析を通じて
第5章 8・12天津爆発事故における中国ネット世論の形成―新浪微博の分析を通じて
第6章 ソーシャルメディアと社会安全事件“世論”形成―雷洋事件をめぐって
第7章 突発事件報道の変容とあり方

著者紹介

陳 雅賽 (チン ガサイ)  
1987年中国湖南省生まれ。2016年早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。博士(ジャーナリズム)。上海師範大学人文伝媒学院准教授、上海師範大学現代伝媒発展研究センター副主任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)