• 本

贅沢の法則 消費ユートピアの透視図

出版社名 白桃書房
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-561-62225-3
4-561-62225-X
税込価格 2,547円
頁数・縦 271P 20cm

商品内容

要旨

多様でファジィな贅沢世界を「古典法則」「近代法則」「現代法則」といった3つの基本パターンに分け解明。贅沢を知れば消費の未来が見える。

目次

第1章 贅沢とは何か―揺れ動くファジィな多様体(贅沢は多様体である
贅沢属性が贅沢品をファジィにする ほか)
第2章 贅沢の古典法則―エリート趣味が生み出す贅沢パターン(贅沢は生活美学による快楽を目指す
富と趣味の出会いから贅沢が生まれる ほか)
第3章 贅沢の近代法則―新富裕人の贅沢パターン(経済成長は贅沢の輪を回転させる
新富裕人が贅沢人の予備軍になる ほか)
第4章 贅沢の現代法則―大衆化が生み出す贅沢パターン(贅沢民主化がほとんどの社会階層に及ぶ
贅沢情報の氾濫で大衆の贅沢ドリームが膨張する ほか)
エピローグ 贅沢世界の将来

著者紹介

田村 正紀 (タムラ マサノリ)  
現職:神戸大学名誉教授、商学博士。専攻:マーケティング・流通システム(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)