• 本

サルは大西洋を渡った 奇跡的な航海が生んだ進化史

出版社名 みすず書房
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-622-08649-9
4-622-08649-2
税込価格 4,180円
頁数・縦 412,56P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

翅をもたない昆虫、飛べない鳥モアの祖先、植物、カエル、トカゲ、そしてサルも―“海越えができない”はずの生きものたちの驚くべきルーツ、そして歴史生物地理学のパラダイムにいま起きつつある変革の物語。

目次

序―ガータースネークとゴンドワナ大陸
1 地球と生命(ノアの方舟からニューヨークまで―物語の起源
分断された世界
無理が通れば道理が引っ込む
ニュージーランドをめぐる動揺)
2 進化樹と時間(DNAがもたらした衝撃
森を信じよ)
3 ありそうもないこと、稀有なこと、不可思議なこと、奇跡的なこと(緑の網の目
あるカエルの物語
サルの航海)
4 転換(生物地理学「革命」の構造
奇跡に形作られた世界)
エピローグ―流木の海岸

著者紹介

デケイロス,アラン (デケイロス,アラン)   de Queiroz,Alan
ネヴァダ大学生物学部門非常勤研究員。専門は進化生物学。サイエンス・ライターとしてもThe Scientist、The Huffington Post,The Wall Street Journalなどに活躍の場を広げている。初の単著である『サルは大西洋を渡った―奇跡的な航海が生んだ進化史』は、Library JournalとBooklistで2014年のベストブックに選出された
柴田 裕之 (シバタ ヤスシ)  
翻訳家
林 美佐子 (ハヤシ ミサコ)  
東京女子大学文理学部卒業。バベル翻訳学校ノンフィクション専科修了。さまざまな一般教養書で翻訳協力多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)