• 本

種子島ロケット打ち上げ 組み立てから飛びたつまでパノラマページつき!

たんけん絵本

出版社名 小学館
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-09-726745-4
4-09-726745-0
税込価格 1,620円
頁数・縦 32P 29cm

商品内容

要旨

いろいろな部品が町工場をはじめ日本各地で作られる!船にのってロケットが運ばれる!!科学の力と人の力が結びあい、組み上がって、宇宙へ向けてカウントダウンが始まった…!!楽しい友だち、かみなりくんと小おにちゃんが、今日は種子島へ来てロケットができるまでに大興奮!!世界一美しい種子島の発射場から日本のロケットが飛びたつまで。主要説明は英訳つき。

出版社・メーカーコメント

臨場感そのままに感動の瞬間を精緻に描く!世界一美しいといわれる種子島の発射場から日本のロケットが打ち上がるまで。打ち上げのその日、その現場に・・・ジャストタイミングで臨むことは、なかなか叶いません。そこでメインキャラのかみなりくんと小おにちゃんが子ども目線で、ロケットの打ち上げまでの流れを体験しつつご案内。なかでも、ページが2倍になるパノラマ両観音で見せるロケットの打ち上げシーンは大迫力。(全長80センチ超の1枚絵!)主要部分英訳つき、ふりがなつき。各ページに、おまけの隠し絵もあります!<描かれたロケットのトリビア>*ロケットの部品100万点以上、町工場はじめ日本各地1000社で作られる*大型ロケットはコンテナで種子島の港に運ばれる*港から組立棟に大型トレーラーで運ぶ。その時間なんと5時間、歩く速さで*大型トレーラーで輸送の際、ぶつからぬよう信号機は向きが変えられる!*大型ロケットの全機結合をする組立棟の引き扉はギネス登録・世界最大*ロケットのボディ色は断熱層の色!紫外線でオレンジ色に*種子島から国際宇宙ステーションに日本のリンゴやミカンが運ばれる

著者紹介

濱 美由紀 (ハマ ミユキ)  
1982年生まれ。多摩美術大学油絵科卒業。インドネシアのジャカルタ育ち。大学卒業後、インドネシア国立芸術大学に1年間留学、バリ伝統絵画を学ぶ。インドネシア語、バリ語、英語、韓国語などを得意とし、世界各地に画題・企画を求め、取材旅行している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)