• 本

出好き、ネコ好き、私好き

光文社文庫 は1−9

出版社名 光文社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-334-77582-7
4-334-77582-9
税込価格 605円
頁数・縦 273P 16cm

商品内容

要旨

人気月刊誌「STORY」連載の好評エッセイ。四十代、美の格闘録!

目次

Fashion 四十代のファッションは、「冒険心」と「勘違い」の間にある(全く、四十代の女はどれほど綺麗でいなくてはいけないのか。いじいじと考える。ただし、謙虚に考える
若きゆえ犯した無謀な買い物。ココ・シャネルが生きていたら、きっとわかってくれたに違いない ほか)
Beauty 四十代にとっては、「美のメンテナンス」自体がもう一つの美なのだ(“お直し”に必要なものは「開き直り」。美しさを手に入れるには、戦いを挑む覚悟がいるのだ
化粧品というものは女を選び、女を拒否する。だから率直な「生きる鏡」が必要なのだ ほか)
Love 美しい肌とカラダを保つ努力が「夫ではない、他の男性」のためだとしたら(美しい肌とカラダを保つ努力が「夫ではない、他の男性」のためだとしたら人生はもっともっと楽しくなる!?
人生に物語が欲しい時、女は自分で“レフ板”を持つ ほか)
Aging 衰えを何とかしているうちに、「中年の美しさ」はぐいっと出てくる(「私に不幸は起こらない」。美しい主婦の自信に満ちた姿には、若い世代も思わず平伏す
“お嬢さま”を脱皮した“働く四十代”の台頭。「女のすごろく」に異変あり ほか)
Life 幸せな人生を送るには、「女仕様の女」になること(モテるかモテないかの差は縮まるいっぽう。ならば、幸せな人生を送るには「女仕様の女」になることだ
過去は振り返らない。それよりも、夢想しながらNEXTを待つことの幸せよ ほか)

おすすめコメント

40代女性よ!後ろめたいことをしなさい。元祖アラフォーウォッチャー林真理子によるSTORY誌連載の文庫化。

著者紹介

林 真理子 (ハヤシ マリコ)  
1954年山梨県生まれ。日本大学芸術学部卒。’86年「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、’95年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、’98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞、2013年『アスクレピオスの愛人』で島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)