• 本

俳人風狂列伝

中公文庫 い126−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-12-206478-2
4-12-206478-3
税込価格 1,080円
頁数・縦 280P 16cm

商品内容

要旨

種田山頭火、尾崎放哉、高橋鏡太郎、西東三鬼…、破滅型、漂泊型など強烈な個性を持った十一名の俳人たち。人生と世間と格闘しつつ、俳句に懸けた彼らの壮絶な生きざまと文学世界を端正な筆致で彫琢する。読売文学賞受賞作。

目次

蛸の脚―高橋鏡太郎
此君亭奇録―伊庭心猿
行乞と水―種田山頭火
靫かずら―岩田昌寿
室咲の葦―岡本癖三酔
屑籠と棒秤―田尻得次郎
葉鶏頭―松根東洋城
おみくじの凶―尾崎放哉
水に映らぬ影法師―相良万吉
日陰のない道―阿部浪漫子
地上に墜ちたゼウス―西東三鬼

おすすめコメント

種田山頭火、尾崎放哉、高橋鏡太郎、西東三鬼……、破滅型、漂泊型など強烈な個性を持った十一名の俳人たち。人生と世間と格闘しつつ、俳句に賭けた彼らの壮絶な生きざまと文学世界を端正な筆致で彫琢する。読売文学賞受賞作。 解説・高橋順子

著者紹介

石川 桂郎 (イシカワ ケイロウ)  
1909(明治42)年、東京生まれ。俳人・小説家。家業の理髪業を続けながら、石田波郷らの『鶴』に投稿をはじめ、横光利一に師事。戦後『俳句研究』『俳句』の編集長をつとめ、俳誌『風土』を主宰。61年第1回俳人協会賞、74年『俳人風狂列伝』で読売文学賞(随筆・紀行賞)、75年蛇笏賞を受賞。75(昭和50)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)