• 本

武揚伝 下巻

決定版

中公文庫 さ45−13

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-12-206490-4
4-12-206490-2
税込価格 972円
頁数・縦 540P 16cm
シリーズ名 武揚伝

商品内容

要旨

押し寄せる西軍の前に奥羽越列藩同盟の雄・仙台藩が降伏、会津は陥落した。榎本武揚は徳川家艦隊を引き連れ蝦夷ガ島に向かい箱館を攻略。英仏米露普を相手に自治州を宣言し、蝦夷共和国を樹立する。だが荒天により開陽丸を喪い、西軍が海峡を突破!五稜郭に拠り奮戦するも、土方歳三は倒れ、武揚は…。全面改稿の決定版、堂々完結。

おすすめコメント

幕府崩壊後、徳川家臣団の一部は北の大地へ向かい、榎本総裁のもと箱館に蝦夷共和国を設立する。だが海峡を突破し新政府軍が上陸。圧倒的な攻勢を前に土方は倒れ、武揚は――。佐々木譲、畢生の歴史巨篇ついに文庫化!

著者紹介

佐々木 譲 (ササキ ジョウ)  
1950年3月、北海道生まれ。79年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。90年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。2002年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、10年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)