• 本

工作員・西郷隆盛 謀略の幕末維新史

講談社+α新書 781−1C

出版社名 講談社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-06-291509-0
4-06-291509-X
税込価格 907円
頁数・縦 219P 18cm

商品内容

要旨

「大河ドラマ」では決して描かれない陰の貌。今、西郷が問う、明治維新150年後の我が国。

目次

第1章 インテリジェンスの基礎固め(少年藩士育成の郷中教育
剣の道をあきらめる ほか)
第2章 若いうちに人脈を作る(伝説のスパイ、明石元二郎
米艦隊を追い返した「祖法」 ほか)
第3章 挫折した時の勉強こそが糧(西郷の島流し生活
大久保利通の奮起 ほか)
第4章 時代を動かす(人斬り半次郎
喧嘩上手な高杉晋作 ほか)
第5章 最大の友に殺される悲劇(日本国家を打ち立てる
肥前の寝返り ほか)

おすすめコメント

この男、日本を揺さぶり、時代をこじ開けた!「大河ドラマ」では決して描かれない陰の貌。今、西郷が問う明治維新150年!

著者紹介

倉山 満 (クラヤマ ミツル)  
1973年、香川県生まれ。憲政史研究者。中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程単位取得満期退学。国士舘大学日本政教研究所などを経て、現在、倉山塾塾長、ネット放送局チャンネルくらら主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)