• 本

死を見る僕と、明日死ぬ君の事件録

メディアワークス文庫 ふ4−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-04-893525-8
4-04-893525-9
税込価格 671円
頁数・縦 297P 15cm

商品内容

要旨

平凡な僕が唯一他の人と違うこと。それは人の死を予告する幻影を見る力があることだ。僕が幻影―“彼ら”について知っていることは3つ。1、“彼ら”はやがて訪れる自らの死の瞬間を、何度も繰り返し続けている。2、“彼ら”の姿が濃くなるほど、死の瞬間は近い。3、“彼ら”は死の運命から絶対に逃れられない。―これは全てを諦めていた『僕』が、死の未来を背負う『君』と出会い、運命に抗うため奔走する物語だ。

おすすめコメント

二度読み必至! 【死の未来】を巡る、衝撃と感動の“幻影”ストーリー! 「僕にはもうすぐ死ぬ人間の姿が見えるんだ」 絶対に覆せない死の数々に心を閉ざしていた神長は、明るく奔放な女子大生・鈴子と出会い変わっていく。しかし神長には、鈴子の【死の未来】が見えていて――。

著者紹介

古宮 九時 (フルミヤ クジ)  
第20回電撃小説大賞、最終選考作『監獄学校にて門番を』(電撃文庫)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)