• 本

国民国家と戦争 挫折の日本近代史

角川選書 593

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-04-703585-0
4-04-703585-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 219P 19cm

商品内容

要旨

開国から明治維新の近代国家創設、日清・日露戦争を経て植民地帝国への拡大、満洲事変から日中戦争、第二次世界大戦敗北による帝国崩壊まで…。日本は、アメリカ・フランスのような理念型ではなく、民族型の国民国家を形成し、天皇中心の国体に収斂してしまった。国民による戦争への積極的な関わりにも注目。「国民」をキーワードに、日本近代史を解明し、単純な支配・被支配関係ではない国民国家・日本の実像に迫る。

目次

序章 国民国家日本を考える
第1章 明治維新と「国民」創りの始まり
第2章 創り出される「国民」意識
第3章 多様化する国民国家と新しい「国民」
第4章 変容する国民国家
終章 「国民国家」の創り直し

おすすめコメント

単純な支配・被支配関係ではない「国民国家」日本の実像に迫る 開国から明治維新による近代国家創設、日清・日露戦争を経て植民地帝国への拡大、満洲事変から日中戦争を経て第二次世界大戦の敗北による帝国崩壊にいたる日本の近代史を、「国民」をキーワードに解き明かす。

著者紹介

加藤 聖文 (カトウ キヨフミ)  
1966年愛知県生。早稲田大学社会科学部卒業後、大和証券に勤め、早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。人間文化研究機構国文学研究資料館准教授。日本近現代史・東アジア国際関係史・アーカイブズ(歴史記録)学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)