• 本

乾燥疎開林に謎のチンパンジーを探して タンザニアあちこち大作戦

出版社名 ユニテ
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-8432-3084-8
4-8432-3084-7
税込価格 2,750円
頁数・縦 7,349P 22cm

商品内容

要旨

東アフリカのタンザニアは、チンパンジー分布域の端に位置する。その中でも生息地の東限にあたるのがウガラ地域。そこには、ゾウやライオンが住み、長い乾季の終盤には川の水も干上がってしまう乾燥疎開林(サバンナ・ウッドランド)が広がっている。かつて人類が進化していった舞台の一つで、チンパンジーは何処でどんな暮し方をして生き延びてきたのか。謎につつまれたチンパンジーを探してタンザニア各地を歩きまわった、笑いあり涙ありのフィールド・ワーク(現地調査)の記録。

目次

ある日のチンパンジー調査
タンザニア調査の始まり
東限のチンパンジー調査
南限のチンパンジー調査
再びウガラ川へ
日本での研究生活
ウガラでのヒヒの調査
南東端のチンパンジー
雨季のタンザニア
ンタカタの森へ〔ほか〕

著者紹介

小川 秀司 (オガワ ヒデシ)  
1964年岐阜県生まれ。京都大学理学部卒業。同大学院理学研究科博士(後期)課程修了。博士(理学)。京都大学霊長類研究所COE研究員などを経て、中京大学国際教養学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)