• 本

鉄道貨物 再生、そして躍進

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-532-17631-0
4-532-17631-X
税込価格 1,980円
頁数・縦 325P 20cm

商品内容

目次

国鉄はなぜ斜陽化したのか
第二臨調と国鉄再建監理委員会
必死の経営努力
国鉄改革と鉄道貨物輸送
鉄道貨物を分離する
貨物輸送と線路使用料
自ら選択したJR貨物
JR貨物、ついに出発
事故・災害から学ぶ
JR貨物完全民営化のための基本問題懇談会
経営の責任者となって
民営化後二十年経って
鉄道事業の黒字化達成
物流業界の過去、現在、未来

著者紹介

伊藤 直彦 (イトウ ナオヒコ)  
日本貨物鉄道株式会社名誉顧問。昭和15年7月、広島県呉市で生まれる。39年、東京大学法学部卒業、日本国有鉄道入社。45年、ワシントン州立大学経営学大学院修了、本社経理局会計課補佐。東京北鉄道管理局総務部人事課長、本社職員局職員課総括補佐、札幌鉄道管理局営業部長、大阪鉄道管理局総務部長等を経て、昭和58年、本社職員局厚生課長兼職員局調査役、60年、同貨物局営業課長。昭和62年4月、日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)発足、同社関西支社長、平成2年、取締役総合企画本部副本部長の後、11年6月、代表取締役社長就任。19年6月、代表取締役会長を経て現職。平成23年、日本物流団体連合会会長、平成27年5月、旭日重光章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)