• 本

悪の指導者(リーダー)論

小学館新書 310

出版社名 小学館
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-09-825310-4
4-09-825310-0
税込価格 907円
頁数・縦 286P 18cm

商品内容

要旨

長老派の信者ゆえに神に選ばれたと思い、わが道を突き進むトランプ。兄を粛清し、核実験で世界を脅かす金正恩。かつての盟友・メドベージェフ失墜の糸を引くプーチン。オスマン帝国への憧憬を持ち、大統領の権限を強化したトルコのエルドアン。低学歴のコンプレックスを抱きながらもイランの最高指導者となったハメネイ。世界を見渡せば国家指導者は独裁的な人物ばかり。「知の巨人」二人が首脳たちの「闇」と国際情勢の「裏側」を語り尽くす!

目次

序章 ミサイルパニックの何が問題か
第1章 歴史の「必然」が生んだ大統領 ドナルド・トランプ(アメリカ)
第2章 祖父と父の呪縛をはねのけた指導者 金正恩(北朝鮮)
第3章 歴史家にして希代の語り手 ウラジーミル・プーチン(ロシア)
第4章 軍を排除する男 レジェップ・タイイップ・エルドアン(トルコ)、終身最高指導者 アリー・ハメネイ(イラン)
終章 核を持つ北朝鮮と日本

出版社・メーカーコメント

なぜ世界の首脳は独裁者ばかりなのかイスラエルへの強い親近感を就任演説に織り込んだトランプ。ユダヤ人強硬派が望むようにアメリカ大使館をテルアビブからエルサレムに移せば、中東戦争の危機に! 祖父や父の呪縛を逃れ、自由に采配する金正恩。核兵器を使うとすれば標的は日本。それを避けようと協議に持ち込めば、最大16兆円にのぼる北朝鮮への援助金を、日本が払わされる可能性も。各国首脳の中でも屈指の知性を持つプーチンは、絶対的な独裁者ではなく、現在はメドヴェージェフ失墜に力を入れている――。そのほか、エルドアン(トルコ)、ハメネイ(イラン)など、強くて独裁的な「悪の指導者たち」について、歴史学の泰斗とインテリジェンスの第一人者が徹底討論。世界の強き指導者を動かす宗教、論理、思想とは? 彼らの内在的論理がわかれば、混とんとした国際情勢の裏側が見えてくる!

著者紹介

山内 昌之 (ヤマウチ マサユキ)  
1947年生まれ。歴史学者。東京大学学術博士。2012年、東京大学教授を退官し、明治大学特任教授・東京大学名誉教授・ムハンマド5世大学(モロッコ)特別客員教授
佐藤 優 (サトウ マサル)  
1960年生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省に入省。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴され、09年、有罪が確定し失職。13年、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失った(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)