• 本

シノン覚醒の悪魔

小学館文庫 セ1−2

出版社名 小学館
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-09-406478-0
4-09-406478-8
税込価格 972円
頁数・縦 540P 15cm

商品内容

要旨

脳波によってコンピュータを操作するシステム「マインドサーフ」を通し、開発者エリックの妻ハンナは未知のコンピュータ・ウィルス「モナ」に感染し、死の淵をさまよった。「モナ」は突然変異をくり返し、世界を滅ぼす生物兵器と化していく。唯一の生還者ハンナの血液からワクチンを製造しパンデミック阻止を図る者と、それを使い世界を操ろうとする者、両者の間で翻奔されながら大切な存在のために闘う者。様々な思惑を巻き込み、物語は驚愕のラストへ。米国版『ゴジラ』の脚本家による映画化が進む、話題のスウェーデン発ノンストップSFスリラー、堂々の完結!

出版社・メーカーコメント

パンデミックの恐怖を描く傑作長編スリラーテロにより妻子を奪われた天才技師が、復讐のため開発したコンピュータ・ウィルス「モナ」。ストックホルムの科学者エリックが善意で作った、脳波によってコンピュータを操作するシステム「マインドサーフ」を通し、実験台となった妻のハンナは未知のウィルス「モナ」に感染し死の淵をさまよった。北欧ミステリ界の新星によるSFスリラーの傑作『モナ聖なる感染』。その後編である本作は、いよいよ「モナ」が世界各地で暴れ出すところから幕を開ける。「唯一の生還者」であるハンナの血液からワクチンを製造しパンデミックを阻止しようとする者たちと、それを使って世界征服を企む者たち。さらに愛する妹をさらわれ奪還に命をかけるモサドの女諜報員、収監され厳しい尋問を受けながらも口を割らないスパイ「シノン」……。様々な思惑を巻き込み、物語は驚愕のラストへ。アメリカ版『ゴジラ』脚本家による映画化が進む、スウェーデン発ノンストップSFスリラー、堂々の完結!

著者紹介

セールベリ,ダン・T. (セールベリ,ダンT.)   Sehlberg,Dan T.
1969年、ストックホルム生まれ。ストックホルム商科大学でMBAを取得。新聞社勤務を経てIT関連会社を起業。2013年に「エリック・セーデルクヴィト」シリーズ第一弾『モナ 聖なる感染』でデビュー。ストックホルム在住
吉田 薫 (ヨシダ カオル)  
関西大学文学部ドイツ文学科卒。英米文学、ドイツ文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)