• 本

教場 2

小学館文庫 な17−3

出版社名 小学館
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-09-406479-7
4-09-406479-6
税込価格 670円
頁数・縦 316P 15cm
シリーズ名 教場

商品内容

要旨

必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじきだすための篩。それが、警察学校だ。白髪隻眼の鬼教官・風間公親のもとに、初任科第百期短期課程の生徒達が入校してきた。半年間、地獄の試練を次々と乗り越えていかなければ、卒業は覚束ない。ミスを犯せば、タイムリミット一週間の“退校宣告”が下される。総代を狙う元医師の桐沢、頑強な刑事志望の仁志川など、生徒たちも曲者揃いだ。その中でも「警察に恨みがある」という美浦は、異色の存在だった。成績優秀ながら武道が苦手な美浦の抱えている過去とは?数々の栄冠に輝いた前代未聞の警察学校小説、待望の続編!

著者紹介

長岡 弘樹 (ナガオカ ヒロキ)  
1969年山形県生まれ。筑波大学卒。2003年「真夏の車輪」で第二五回小説推理新人賞受賞。08年「傍聞き」で第六一回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。13年刊行の『教場』は週刊文春「二〇一三年ミステリーベスト10国内部門」第一位に輝いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)