• 本

小泉放談

宝島社文庫 Cこ−19−1

出版社名 宝島社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-8002-7669-8
4-8002-7669-1
税込価格 842円
頁数・縦 373P 16cm

商品内容

要旨

人は、四十にして惑わず、五十にして天命を知る。アイドル・歌手・女優・文筆家としていつの時代も最前線を駆け抜けてきた小泉今日子が、齢五十の節目に感じること、思うこととは?残りの人生を、力まず弛まず、自由におもしろく生きることについて、親愛なる二十五名のゲストたちと本音で語り合った約二年間の記録をお届けします。特別書き下ろしエッセイ収録。

目次

案外、スルッとやってくる(YOU)
夢や目標はなくても、大丈夫(浜田真理子)
スローダウンはまだ早い(江國香織)
生きていく世界を決めること(吉本ばなな)
“その人らしい”が美しい(中野明海)
孤独という修行(熊谷真実)
引き受けたら、見えてくる(樹木希林)
別の世界とつながろう(浅田美代子)
起こったことは、すべて“いいこと”(平松洋子)
向かい風は、想定内(上野千鶴子)〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

2016年2月に50歳の節目を迎えた小泉今日子が、人生の先輩たちとともに、これからのオンナの生き方を考える対談集。 豪華ゲスト陣は、樹木希林、美輪明宏、YOU、上野千鶴子、江國香織、いくえみ綾、吉本ばなな、槇村さとる、小池百合子etc. 小泉今日子本人による本書描きおろしのエッセイも収録。

著者紹介

小泉 今日子 (コイズミ キョウコ)  
1966年2月4日神奈川県生まれ。1982年「私の16才」で芸能界デビュー。以後、歌手、女優として、舞台、映画、テレビなどで幅広く活躍する。『黄色いマンション 黒い猫』(スイッチ・パブリッシング/第33回講談社エッセイ賞)などの著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)