• 本

哀しい殺し屋の歌

実業之日本社文庫 あ1−14

出版社名 実業之日本社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-408-55394-8
4-408-55394-8
税込価格 640円
頁数・縦 304P 16cm

商品内容

要旨

毎夜酒場で泥酔する「元・殺し屋」が目を覚ましたのは、捨てたはずの実の娘の屋敷だった。戸惑いつつも再会を喜ぶ男だが、別れた妻は既に病で亡くなり、娘はなんと夫を殺されて若き未亡人になっていた。さらに、男の元へ謎の少年から殺人の依頼が舞い込んでくる。一連の事件の裏には、かつての仲間の影が―!?表題作ほか「パパは放火魔」を収録。

おすすめコメント

殺し屋と名乗る男は、バーで酩酊状態だった。そこにとある美女があらわれ、彼を屋敷に連れていくが……傑作ユーモアミステリー!

著者紹介

赤川 次郎 (アカガワ ジロウ)  
1948年福岡県生まれ。76年『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。80年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞を受賞。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞、16年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)