• 本

走れ、オヤジ殿

韓国文学のオクリモノ

出版社名 晶文社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-7949-6981-1
4-7949-6981-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 272P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

臨月の母を捨て出奔した父は、私の想像の中でひた走る。今まさに福岡を過ぎ、ボルネオ島を経て、スフィンクスの左足の甲を回り、エンパイア・ステート・ビルに立ち寄り、グアダラマ山脈を越えて、父は走る。蛍光ピンクのハーフパンツをはいて、やせ細った毛深い脚で―。若くして国内の名だたる文学賞を軒並み受賞しているキム・エラン。表題作など9編を収載したデビュー作、待望の邦訳。

著者紹介

キム エラン (キム エラン)  
金愛爛。1980年、韓国・仁川生まれ。韓国芸術総合学校演劇院劇作科卒業。在学中の2002年に短編「ノックしない家」で第1回大山大学文学賞を受賞。2005年に「走れ、オヤジ殿」で韓国日報文学賞を歴代最年少で受賞、その才能に注目が集まった。2013年に「沈黙の未来」で、韓国で最も権威あるとされる李箱文学賞を史上最年少で受賞
古川 綾子 (フルカワ アヤコ)  
翻訳者。神田外語大学韓国語学科卒業。延世大学校教育大学院韓国語教育科修了。第10回韓国文学翻訳院翻訳新人賞受賞。翻訳家養成講座と韓国語の講師も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)