• 本

ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた

集英社新書 0912

出版社名 集英社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-08-721012-5
4-08-721012-X
税込価格 929円
頁数・縦 290P 18cm

商品内容

要旨

子供たちの独立国家は、本当に実現するのか?そこで浮き彫りになる、日本の現在(いま)とは?本書は、竹島問題、憲法改正、象徴天皇制などのアクチュアルなテーマを、架空の小学校を舞台に平易な言葉で論じる、一八世紀以前にヴォルテールやルソーなどが得意とした「小説的社会批評」だ。謎の園長・ハラさんが経営する小学校に通う、主人公の小学生「ぼく(ランちゃん)」とその仲間たちは、知性と個性に彩られた不思議な大人たちに見守られながら、少しずつ自分たちの「くに」を創り始める。

目次

いろんなことを最初に書かなきゃならない
「くに」ってつくれるんだ
最初に「こっき」をつくってみることにした
ぼくたちの学校
ぼくには得意ワザがない
肝太先生
肝太先生のおはなし
ぼくの家の「憲法」たちのこと、そして理想先生のこともちょっと
「憲法」の中にいる悲しいひと
キヨミヤくんのこと〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

子供たちの独立国家は、本当に実現するのか? 竹島問題、憲法改正、象徴天皇制などのアクチュアルなテーマを、架空の小学校を舞台に平易な言葉で論じた小説的社会批評。

著者紹介

高橋 源一郎 (タカハシ ゲンイチロウ)  
小説家。1951年生まれ。81年、『さようなら、ギャングたち』で第四回群像新人長篇小説賞優秀作を受賞しデビュー。88年、『優雅で感傷的な日本野球』で第一回三島由紀夫賞、2002年、『日本文学盛衰史』で第一三回伊藤整文学賞、12年、『さよならクリストファー・ロビン』で第四八回谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)