• 本

一触即発の世界 佐藤優の地政学リスク講座

出版社名 時事通信出版局
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-7887-1540-0
4-7887-1540-6
税込価格 1,296円
頁数・縦 262P 19cm

商品内容

要旨

読み解くカギは宗教とインテリジェンス。トランプ、金正恩、プーチン。ならず者たちの危ないディール。

目次

第1章 米朝開戦の可能性
第2章 北朝鮮、金正恩のしたたかな戦略
第3章 どこまで進む「爆風トランプ」
第4章 誰も知らない北方領土交渉前史
第5章 北方領土問題解決の道筋
第6章 不透明な時代を読む技法

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
作家、元外務省主任分析官。1960年東京都生まれ。大宮市(当時)で高校卒業まで育つ。埼玉県立浦和高校卒業後、同志社大学神学部に進学。同大学院神学研究科修了。85年外務省に入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課主任分析官(課長補佐級)として対ロシア外交の最前線で活躍。外交官としての勤務のかたわら、モスクワ大学哲学部の講師(弁証法神学)や東京大学教養学部非常勤講師(ユーラシア地域変動論)も務めた。2002年5月、鈴木宗男事件に絡む疑惑をうけて、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕、起訴され東京拘置所で512日間拘留。2005年に執行猶予付き有罪判決。2009年6月に最高裁で上告棄却、執行猶予付き有罪確定で外務省を失職。2013年6月、執行猶予期間を満了。2005年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。2006年『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)