• 本

捜査流儀 警視庁剣士

角川文庫 す26−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-04-105871-8
4-04-105871-6
税込価格 605円
頁数・縦 227P 15cm

商品内容

要旨

警視庁捜査一課の郷謙治は、刑事でありながら、警視庁剣道部で研鑽を積む剣士。豊島区池袋で3件の連続放火・殺人事件が発生し、郷は捜査に駆り出されることになる。放火現場はいずれも社会保険労務士の関係各所で、焼死したのは労務士の小田原誠だった。相棒の竹入とともに小田原の過去を洗う郷は、小学校時代の「いじめ」に注目するが…。郷の見立ては果たして事件の本線なのか。気鋭の著者が挑む、書き下ろし警察小説。

おすすめコメント

剣士の捜査眼は、犯人を見抜けるか。 新機軸の書き下ろし警察小説 警視庁捜査一課の郷謙治は、刑事でありながら警視庁剣道の選ばれし剣士。池袋で発生した連続放火事件の捜査にあたる郷は、相棒の竹入とともに地を這う聞き込みを続けていた──。剣士の眼が捜査で光る!

著者紹介

須藤 靖貴 (スドウ ヤスタカ)  
1964年東京都生まれ。豊島区池袋に育つ。駒澤大学文学部卒業。スポーツ誌の編集者などを経て、「俺はどしゃぶり」で第5回小説新潮長篇新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)