• 本

脳科学捜査官真田夏希

角川文庫 な66−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-04-106167-1
4-04-106167-9
税込価格 748円
頁数・縦 346P 15cm
シリーズ名 脳科学捜査官真田夏希

商品内容

要旨

神奈川県警初の心理職特別捜査官に選ばれた真田夏希は、知人に紹介された男性に会うため横浜駅付近の飲食店に向かった。婚活に失敗続きの夏希は、織田信和と名乗る男性に、好印象を抱く。だが、そんな甘い雰囲気を激しい炸裂音が打ち消してしまう。みなとみらい地区で爆発事件が発生したのだ。翌日、捜査本部に招集され、爆発事件の捜査を命じられる夏希。初の事件で戸惑いを覚える夏希の前に現れたのは、意外な相棒だった。

おすすめコメント

警察小説に、新ヒロイン誕生!期待の超新星が放つ、新時代の警察小説。 神奈川県警の特別捜査官・真田夏希は、医師免許を持つ心理分析官。横浜のみなとみら地区で発生した爆発事件に、投入された夏希は、そこで警察犬の候補のアシリアとコンビを組むことを命じられる──。

著者紹介

鳴神 響一 (ナルカミ キョウイチ)  
1962年東京都生まれ。中央大学法学部卒業。2014年に『私が愛したサムライの娘』で、北方謙三氏、今野敏氏、角川春樹氏の全選考委員満場一致により第6回角川春樹小説賞を受賞しデビューする。同作で2015年に第3回野村胡堂文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)