• 本

大量生産品のデザイン論 経済と文化を分けない思考

PHP新書 1126

出版社名 PHP研究所
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-569-83739-0
4-569-83739-5
税込価格 929円
頁数・縦 245P 18cm

商品内容

要旨

商品の「価値はすでにそこにある」。それを「見つけ」「引き出し」「つなぐ」すべての「想い」は集まり、デザインが生まれる!「明治おいしい牛乳」「ロッテキシリトールガム」…ロングセラーとなった商品とデザインの秘密。

目次

1 「大量生産品」をデザインするということ
2 アイデンティティを共に構築する…VI、CI
3 デザインとの出会い
4 電通で学んだこと
5 デザインの解剖
6 デザインの解剖から見えてきたもの
7 プロフェッショナルであるということ

著者紹介

佐藤 卓 (サトウ タク)  
グラフィックデザイナー。1979年東京藝術大学デザイン科卒業、1981年同大学院修了、電通を経て、1984年佐藤卓デザイン事務所設立。「ニッカ・ピュアモルト」の商品開発から始まり、「ロッテキシリトールガム」「明治おいしい牛乳」等の商品デザインを手掛ける。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」「デザインあ」の企画メンバー及びアートディレクション、大量生産品をデザインの視点で解剖する「デザインの解剖」プロジェクトなど、デザインの普及・教育に力を注ぐ。2017年3月より21_21DESIGN SIGHT館長も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)