• 本

現代貨幣論 電子マネーや仮想通貨は貨幣とよべるか

出版社名 晃洋書房
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-7710-2963-7
4-7710-2963-6
税込価格 2,420円
頁数・縦 151P 22cm

商品内容

要旨

1980年代以降、続々と登場したエコマネーや電子マネー、仮想通貨などのいわゆる「新しい通貨」は、新たな可能性や社会を提唱した。既存の理論では説明できないこれらを、どのように評価し、どのように取り扱うのが適正なのか。本書では理論的分析に加え、「新しい通貨」について貨幣論の観点から評価する。

目次

第1章 現代社会と貨幣
第2章 混迷する貨幣論
第3章 情報社会と貨幣
第4章 貨幣発行モデル
第5章 金融自由化と貨幣
第6章 エコマネー
第7章 電子マネー
第8章 仮想通貨

著者紹介

金子 邦彦 (カネコ クニヒコ)  
1970年3月明治大学商学部商学科卒業。4月明治大学大学院商学研究科修士課程、博士課程を修了し、1976年4月より明治大学専任助手、専任講師、助教授を経て、1986年4月明治大学教授。1990年商学博士。明治大学情報コミュニケーション学部教授。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)