• 本

小水力発電が地域を救う 日本を明るくする広大なフロンティア

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-492-76238-7
4-492-76238-8
税込価格 1,512円
頁数・縦 189P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

プロローグ 小水力発電が山村を復活させ日本社会を強靱にする
第1章 小水力発電で岐阜の山村が復活
第2章 農業用水路に眠る電力
第3章 山村の土建会社は小水力発電で生き残れ
第4章 実現する意志と川への理解があれば規制の壁は越えられる
第5章 ガラス張りの発電所計画
第6章 小水力発電の具体的なイメージ
第7章 成功のコツがわかる様々な実例
第8章 歴史の中の小水力発電
第9章 山村と小水力の文化論
おわりに 山村はこれからの日本のフロンティア

おすすめコメント

売電益を地域振興に活用、移住者も増えた例などを元に、日本を明るくする小水力発電の大きな可能性を解説。導入・参入ノウハウも公開

著者紹介

中島 大 (ナカジマ マサル)  
全国小水力利用推進協議会事務局長、一般社団法人小水力開発支援協会代表理事。1961年生まれ。1985年、東京大学理学部物理学科卒業。株式会社ヴァイアブルテクノロジー取締役などを経て現職。その間、分散型エネルギー研究会事務局長、気候ネットワーク運営委員などを歴任し、小水力利用推進協議会、小水力開発支援協会の設立にも参画する。全国各地の小水力発電事業のサポート、コンサルティングなどを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)