• 本

買う理由は雰囲気が9割 最強のインフルエンサーマーケティング

出版社名 あさ出版
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-86667-000-3
4-86667-000-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 205P 19cm

商品内容

要旨

モノが売れないのではなく売り方の「格差」がついている。「やってみたい」から始まるSNS時代の『雰囲気売れ』のつくり方。

目次

1 なぜ「売れる商品」と「売れない商品」があるのか?(人は雰囲気でモノを選び、買っている
「誰かの声」が行動を決める ほか)
2 消費者が欲しがっているのは「イケてる自分」(人は“いい感じ”に心惹かれる
インフルエンサーに響く2つの特徴 ほか)
3 SNS時代の「雰囲気売れ」のつくりかた(ソーシャルメディアをいかに使うか―インスタグラム&ツイッター
「雰囲気売れ」はこうして起きる―雰囲気でスニーカーを売ったemmi ほか)
4 「人マーケティング」を理解する(買う動機は「自分」ではなく「他人」
自己承認欲求を満たすために購入する ほか)
5 インフルエンサーと「共創」するために企業がすべきこと(インスタグラム運用における3つの課題
「共創」「共感」「共有」の意識を持つ ほか)

著者紹介

福田 晃一 (フクダ コウイチ)  
LIDDELL(リデル)株式会社代表取締役CEO。1979年高知県生まれ。読者モデルを活用した口コミマーケティングが評判を呼び、2006年、芸能プロダクションとマーケティングによるハイブリッド企業・株式会社ツインプラネットを設立。ギャル・読モというエッジィな影響力を持つ存在を活用し、日本随一のギャルマーケティング企業となる。人気タレントの輩出や多数のトレンドを創出、多彩な戦略で「ヒト売れ」なる消費トレンドを築き2014年、インフルエンサーマーケティングのパイオニアとなるLIDDELL株式会社を創業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)