• 本

広辞苑

第7版

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-00-080131-7
4-00-080131-7
税込価格 9,180円
頁数・縦 3188P 23cm
シリーズ名 広辞苑

商品の内容

■10年ぶりの大改訂、第七版の特長
・各界第一線の専門家が執筆
第六版に収録されている項目を分野ごとに抽出し、各界の専門家が全面的に校閲。文学・歴史から物理学・医学、美術・音楽に武芸・茶道、スポーツ・サブカルチャーまで、学問の研究の進展や最新の動向を反映し、また旧版の不備を補うなどして、より正確で簡潔な解説に改めました。一方、現代生活や各分野の理解に必須の言葉を新たに選定、執筆していただいています。
 
・言葉の変化、意味の違いをみつめる
世の中の激しい動きにともない、言葉の意味も変化していきます。新しく生じた意味は、その定着度を吟味しながら過不足なく加えました。また、言葉を発信する機会が増え、それぞれの言葉の意味を的確に把握し表現したいというニーズも増しています。動詞・形容詞を中心に類義語の意味の違いが分かる語釈を追求しました。
 
・日本語の基礎を見直す
言葉の根本の意味をきちんととらえた上で、歴史的な意味変化に沿って語釈を与えるのが『広辞苑』の流儀。その基本に立ち返り、「万葉集」「源氏物語」など古典から引用した用例を総点検しました。その結果、基礎語の語釈を全面的に書き換えたり、見出しの形を改めたりした例も少なくありません。その他の古語項目もさらに充実させました。
 
・新たに一万項目を追加
第六版刊行後に収集した言葉に加えて、旧版までは採用しなかった言葉もあらためて検討し、日本語として定着した語、または定着すると考えられる言葉を厳選。新加項目は約一万に達しました。ネットで何でも検索できる時代だからこそ、言葉の使用場面を越えた中心的な意味を一読して把握できるように、余分な言葉をそぎ落とし洗練した語釈を付しました。
 
・用紙・造本の質をさらに向上
第七版の本冊は第六版よりも一四〇ページ増加、しかし厚さは変わりません。製本機械の限界である八pに収まるように、さらに薄い紙を開発した結果です。しかも、手に吸い付くような、めくりやすい「ぬめり感」は保持したまま。
■特記事項
特典、完成記念特別価格は初回がなくなり次第、終了となります。

商品内容

要旨

新たに1万項目を追加し、総項目数25万。各界第一線で活躍する専門家が執筆、正確で簡明な解説。10年間の言葉や社会の変化、学術研究の進展を全面的に反映。基礎的な言葉の意味説明を刷新、古典用例を大幅に見直し。別冊付録付き(漢字小字典/アルファベット略語一覧など)。

著者紹介

新村 出 (シンムラ イズル)  
1876年(明治9)山口県に生まれる。号は重山。言語学を専攻、東大助教授を経て京大教授。特に、キリシタン語学に新生面をひらき、語源語誌説に卓見を示す。文化勲章受章。1967年(昭和42)8月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)